1. ホーム
  2. 企画展
  3. 生誕100周年 トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~

企画展

展覧会

生誕100周年
トーベ・ヤンソン展
~ムーミンと生きる~

2015年5月23日(土)~2015年7月5日(日)※会期中無休

トーベ・ヤンソン《『たのしいムーミン一家』挿絵》

トーベ・ヤンソン《『たのしいムーミン一家』挿絵》
タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館 1948年
© Moomin Characters ™

「ムーミン」シリーズの作者として知られるトーベ・ヤンソン生誕100周年を記念し、フィンランドの国立・アテネウム美術館で開催された大回顧展(2014年3月~9月)が日本に巡回します。
トーベ・ヤンソン(1914‐2001)はフィンランド(ヘルシンキ)で彫刻家の父と挿絵画家の母の間に生まれ、幼い頃から芸術に親しんで育ちました。15歳で雑誌の挿絵を描き始め、1945年に刊行開始した「ムーミン」シリーズは世界中で愛読されています。86歳で没するまで、画家、作家、マンガ家、舞台美術家などとして幅広く活躍しました。
本展では、代表作「ムーミン」シリーズの挿絵原画のほか、生涯を通して挑戦し続けた油彩作品、『不思議の国のアリス』をはじめとする児童文学の挿絵原画、写真資料など約400点の作品を展示します。
また、1964年から1991年まで彼女がほぼ毎年夏を過ごしたクルーヴ島の「夏の家」を再現し、自然とともに生きた彼女の世界観やライフスタイルを紹介します。

開催期間 2015年5月23日(土)~2015年7月5日(日)【会期中無休】
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料 一般  1000(800)円
高大生   700(500)円
小中生   500(400)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。
前売り券は、ローソンチケット(Lコード:83962)、チケットぴあ(Pコード:766‐653)、セブンイレブン、小倉井筒屋、黒崎井筒屋、北九州モノレール主要駅等で販売。
※ローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブンについては、展覧会開催中は当日料金での販売となります。
主催 トーベ・ヤンソン展実行委員会(北九州市立美術館、朝日新聞社、九州朝日放送)
後援 フィンランド大使館、NHK北九州放送局、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー、北九州市、北九州市教育委員会
協賛 エプソン販売株式会社、日本写真印刷株式会社、リバーウォーク北九州
協力 フィンランド国立アテネウム美術館、株式会社タトル・モリ エイジェンシー、フィンエアー、フィンエアー・カーゴ、株式会社河出書房新社、公益財団法人ギャラリーエークワッド、株式会社講談社、S2株式会社

ムーミンが美術館にやってくる!

~ムーミンと一緒に記念撮影をしよう!!~

ムーミンが美術館にやってくる!

© Moomin Characters ™

日時 2015年5月23日(土)、6月7日(日)
各日(1)11:00~(2)13:00~(3)14:30~(4)16:00~
※各回30分前より美術館入口で整理券を配布します。(各回30組様限定)

当館学芸員によるギャラリートーク

日時 2015年5月31日(日)、6月21日(日)各日14:00~
場所 展覧会場内
※申し込みは不要、観覧料が必要です。

ワークショップ

~北欧柄のエコバックを作ろう~

日時 2015年6月14日(日)14:00~16:00
会場 リバーウォーク北九州4階 朝日さんさん広場
内容 「トーベ・ヤンソン展」を鑑賞後、北欧柄をエコバックに描きます。
募集人数 小中学生15名程度
参加費 無料(「たんけんパスポート」持参)
応募方法 美術館の受付にある申込み用紙、または往復はがきに氏名(ふりがな)、住所、電話番号、学校名、学年を明記の上、下記までお申し込みください。
申し込み先 〒803-0812 北九州市小倉北区室町1-1-1
リバーウォーク北九州 北九州市立美術館分館
「トーベ・ヤンソン展」ワークショップ係
締め切り 5月31日(日) 必着
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
《木の根元で眠る者たち》

《木の根元で眠る者たち》1930年代
グワッシュ、インク・紙 22.1×26.7cm
タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館
© Tove Jansson Estate

《青いヒヤシンス》

《青いヒヤシンス》1939年
油彩・カンヴァス 55.5×47cm 個人蔵
© Tove Jansson Estate

《『ガルム』1944年10月号表紙》

《『ガルム』1944年10月号表紙》1944年
インク、水彩・紙 31.2×23.5cm
タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館
© Tove Jansson Estate

《山猫の毛皮をまとった自画像》

《山猫の毛皮をまとった自画像》1942年
油彩・カンヴァス 73×60.5cm 個人蔵
© Tove Jansson Estate

《『ムーミン谷の夏まつり』挿絵》

《『ムーミン谷の夏まつり』挿絵》1954年
インク・紙 6.5×9cm
タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館
© Moomin Characters ™

《『不思議の国のアリス』挿絵》

《『不思議の国のアリス』挿絵》1966年
水彩、インク・紙 26.4×18.9cm
タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館
© Tove Jansson Estate

絵本「ムーミン谷へのふしぎな旅」挿絵

絵本「ムーミン谷へのふしぎな旅」挿絵 1977年
グワッシュ・紙 33.2×49.1cm
タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館
© Moomin Characters ™

トゥーリッキ・ピエティラ《『ムーミン谷の冬』より 春》

トゥーリッキ・ピエティラ《『ムーミン谷の冬』より 春》1989年
ミクストメディア 24×59×45cm
タンペレ市立美術館ムーミン谷博物館
© Moomin Characters ™

トーベが最も大切にした場所「夏の家」を再現

フィンランド湾にある岩だらけの小さな孤島に、手作りで建てた小さな小屋が「夏の家」です。精神的な豊かさを尊び、孤独を最高の贅沢としたトーベは、電気も水道もないこの島で、毎年、夏の数ヶ月を過ごしました。

「夏の家」再現

参考作品:「夏の家」再現 
撮影:光齋昇馬 
提供:ギャラリーエークワッド

《クルーヴ島の「夏の家」と海水浴をするトーベ》

写真:《クルーヴ島の「夏の家」と海水浴をするトーベ》
撮影:ペル・ウロフ・ヤンソン
© Tove Jansson Estate

ページのトップへ