1. ホーム
  2. 企画展
  3. ヴラマンク展

企画展

展覧会

ヴラマンク展

2018年1月4日(木)~ 2月25日(日) ※会期中無休

モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)

モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)

フランスの画家モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)は、ヴァイオリン奏者や競輪選手として生計を立てるかたわら、独学で絵を学びました。1905年、激しい色彩表現が特徴的な「野獣派(フォーヴィスム)」の発祥となったサロン・ドートンヌに参加し、画家としての地歩を固めます。やがて、セザンヌの影響を経て、スピード感のある筆致と重厚な色調を用いた独自の画風に至り、雪景色や田園風景、村の通りなどを主題にした風景画や、花瓶の花束を描いた静物画など、叙情的な作風で人々を魅了し続けています。
本展では、フォーヴィスムの作風を脱した1907年頃から、独自の表現に至った最晩年の1958年までの作品約80点を紹介します。また、優れた文筆家でもあったヴラマンクの言葉を手がかりに、制作の裏側や、芸術家の人生に迫ります。

開催期間 2018年1月4日(木)~ 2月25日(日)※会期中無休
開館時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料 一般  1200円(1000円)
高大生  800円(600円)
小中生  600円(400円)
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。なお障害者手帳を提示の方は無料。年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免。※前売り券は、ローソンチケット(Lコード:83619)、チケットぴあ(Pコード:768-605)、セブン-イレブン、ファミリーマート、小倉井筒屋、黒崎井筒屋、北九州モノレール主要駅、筑豊電鉄主要駅等で販売。 ※ローソンチケット、チケットぴあ、セブン-イレブン、ファミリーマートについては、展覧会開催中は当日料金での販売となります。
主催 ヴラマンク展実行委員会(北九州市立美術館、朝日新聞社、TVQ九州放送)
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、NHK北九州放送局、九州旅客鉄道株式会社、西日本鉄道株式会社、北九州モノレール、筑豊電気鉄道株式会社、株式会社スターフライヤー、北九州市、北九州市教育委員会
協賛 リバーウォーク北九州
協力 エールフランス航空
企画協力 (株)ブレーントラスト

関連イベント

ギャラリートーク
日時 2018年1月6日(土)、2月3日(土)各日14時~ 
場所 ※各回30分程度、申し込み不要、ただし本展観覧料が必要です。
《雪の村》 1930-35年頃 油彩/カンヴァス スイス、個人蔵©ADAGP

《雪の村》 1930-35年頃 油彩/カンヴァス スイス、個人蔵
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017
C1837


前田寛治《メーデー》1924年頃 個人蔵©ADAGP

《ブージヴァル、スガンザン桟橋》 1907-08年 フランス、個人蔵
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017
C1837

《ヒナゲシの活けられた花瓶》 1936-37年頃 油彩/カンヴァス スイス、個人蔵©ADAGP

《ヒナゲシの活けられた花瓶》 1936-37年頃 油彩/カンヴァス スイス、個人蔵
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017
C1837

《スイカのある静物》 1910年 スイス、個人蔵©ADAGP

《スイカのある静物》 1910年 スイス、個人蔵
© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017
C1837

《漁船の帰還、ブルターニュ》1947年 油彩/カンヴァス フランス、個人蔵©ADAGP

《漁船の帰還、ブルターニュ》1947年 油彩/カンヴァス フランス、個人蔵©ADAGP

《サイロ》 1950年 油彩/カンヴァス フランス、個人蔵©ADAGP

《サイロ》 1950年 油彩/カンヴァス フランス、個人蔵©ADAGP



ページのトップへ