1. ホーム
  2. 所蔵作品
  3. エミール=アントワーヌ・ブールデル/ペネロープ

所蔵作品

所蔵作品紹介

BOURDELLE, Emile-Antoine(エミール=アントワーヌ・ブールデル)

ペネロープ

作品名:ペネロープ

ブールデルは、南フランスのモントーパンに、家具職人の子として生まれた。32歳でロダンの弟子になり、15年間努めた。しかし、人間の情念、感情、ムーブマンを表現するロダンに対して、彫刻は「マッスとボリューム」で構成するものであり、壮大で生気あふれた構築、その中にリリシズムを感じさせなければならないとするブールデルは、彼独自の道を歩み始める。
この作品は、彼がもっとも好んだ題材の一つであるギリシャ神話からとったもの。トロイ戦争に出征した夫オデュッセイヤの帰りをひたすら待ち続ける貞淑な妻「ペネロープ」のモデルはブールデル夫人である。

部門 立体
作家名 BOURDELLE, Emile-Antoine(エミール=アントワーヌ・ブールデル)
生没年 1861-1929年
作品名 ペネロープ
制作年 1912年
大きさ 240.5×93.0×73.0cm
技法・素材 ブロンズ

ページのトップへ