1. ホーム
  2. 所蔵作品
  3. エドガー・ドガ/マネとマネ夫人像

所蔵作品

所蔵作品紹介

DEGAS, Edger(エドガー・ドガ)

マネとマネ夫人像

作品名:マネとマネ夫人像

印象派の誕生に指導的役割を果たしたドガとマネが、作品を互いに交換した時、ドガはマネにこの絵を贈った。しかしマネはドガの描いた夫人の顔の歪みが気に入らず、顔のあたりから切り取ってしまった。変わり果てた自分の絵に怒ったドガはそれを取り返した。後に、夫人を復元するつもりで下塗りしたカンヴァスを継ぎ足したが、一日延ばしにしているうちに、そのままの状態になってしまった。
ドガは当時、大きく転換した近代的市民生活を描いた画家であるが、優れた肖像画も多く残した。彼はまるで心理学者のごとく、モデルが一瞬見せる何気ない身振り、表情、癖に、その人の隠された本質を読み取った。周到に計算されたスナップショット的ポーズは構成されており、モデルが知っている自分自身よりその人らしく描いた。ここでも夫人のピアノ演奏に退屈しきってソファーによりか掛かっているマネの屈託ない表情と無造作なポーズに、かえって彼の自信と尊大さを窺い知ることができる。

部門 絵画
作家名 DEGAS, Edger(エドガー・ドガ)
生没年 1834-1917年
作品名 マネとマネ夫人像
制作年 1868-1869年
大きさ 65.0×71.0cm
技法・素材 油彩・カンヴァス

ページのトップへ