1. ホーム
  2. コレクション展
  3. コレクション展II 特集 サイトウマコトのグラフィック KMMA COLLECTION EXHIBITION II Makoto Saito Graphism

コレクション展

展覧会

コレクション展II 特集 サイトウマコトのグラフィック KMMA COLLECTION EXHIBITION II Makoto Saito Graphism

2019年8月17日(土)~12月28日(土)
【前期】2019年8月17日(土)~11月4日(月・振) 【後期】2019年11月6日(水)~12月28日(土)
  ※前期・後期で一部作品の展示替えをします。

コレクション展II 特集 サイトウマコトのグラフィック KMMA COLLECTION EXHIBITION II Makoto Saito Graphism

2019年度コレクション展IIでは、企画展「サイトウマコト 臨界―Criticality―」(2019年9月14日~11月10日)の開催に合わせ、北九州市出身のアーティスト・サイトウマコト(1952- )のグラフィックの仕事を特集します。
サイトウは、1980年代のデビュー直後から作家性を強く打ち出した作品を発表し、グラフィック界の革命児として注目を集めました。本展では、世界各地のデザイン賞受賞作品を中心に、代表的なポスターが一堂に会します。また、それらと同じく1980年代から2000年代初頭に制作された辰野登恵子、中村一美、杉浦邦恵、ヤノベケンジらの作品を紹介します。
そのほか、ピエール=オーギュスト・ルノワール《麦わら帽子を被った女》やクロード・モネ《睡蓮、柳の反影》などの当館所蔵の名品から、気鋭作家の招待展示シリーズ「guest room」(2019年11月12日~12月28日)まで、多岐にわたる作品を展示します。

開館時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 月曜日
※ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館
観覧料 一般  300(240)円
高大生 200(160)円
小中生 100(80)円
※( )内は20名以上の団体料金。 ※北九州市、下関市、福岡市、熊本市、鹿児島市にお住まいで、65歳以上の方は、公的機関が発行した証明書を提示で観覧料90円。 ※障害者手帳を提示の方は無料。

イベント

<学芸員によるギャラリートーク>
日時 2019年9月29日(日)、10月12日(土)、11月23日(土)、12月7日(土)各回14:00より
場所 本館 コレクション展示室
※申し込み不要、ただし本展観覧料が必要です。
作品リストはこちらから
サイトウマコト《100th Anniversary Kokura Technical High School》1998年 作家蔵

サイトウマコト《100th Anniversary Kokura Technical High School》1998年 作家蔵

サイトウマコト《1985 Hasegawa》1985年 作家蔵

サイトウマコト《1985 Hasegawa》1985年 作家蔵

辰野登恵子《WORK 89-P-30》1989年 当館蔵

辰野登恵子《WORK 89-P-30》1989年 当館蔵

ヤノベケンジ《アトムスーツ・プロジェクト:幼稚園4・チェルノブイリ》1997年/2003年 当館蔵

ヤノベケンジ《アトムスーツ・プロジェクト:幼稚園4・チェルノブイリ》1997年/2003年 当館蔵

招待展示企画

guest room 004 AKI INOMATA
[会期] 2019年11月12日(火)~12月28日(土)
[会場] 北九州市立美術館本館 コレクション展示室

3Dプリンターで出力した殻をヤドカリが背負う《やどかりに「やど」をわたしてみる》をはじめ、動物と協働した作品で知られるアーティストAKI INOMATA(1983- )。九州での初個展となる今回は、代表作から最新シリーズ《彫刻のつくり方》まで、活動の歩みを映像や資料で紹介する。

AKI INOMATA《犬の毛を私がまとい、私の髪を犬がまとう》2014年 個人蔵

AKI INOMATA《犬の毛を私がまとい、私の髪を犬がまとう》2014年 個人蔵

ページのトップへ