1. ホーム
  2. 教育普及
  3. 美術ボランティア

教育普及

美術ボランティア

美術ボランティアについて

日本で最初の美術ボランティア制度を導入した当館では、1974年(開館年)以来、継続して活動を続けてきました。
美術ボランティアは、美術館において勉強会を通して美術を学びながら、来館する市民への展示作品の解説、美術資料の収集整理、子どもを対象としたわくわくアートミュージアムや学校への出前授業など教育普及をはじめ広報活動等広範囲なボランティア活動を行っています。

1.現状

ボランティア数:59名(平成26年3月31日現在)

2.活動内容

・コレクション展示作品の解説
開館日の木曜日以外の14:00~1時間程度
・団体入場者への展覧会解説(事前申し込みによる) ・アートライブラリーの整備 ・図書資料の修復 ・解説シートの作成 ・作品等の資料整理(新聞の美術関連記事の切り抜きと展覧会案内などのファイル) ・ワークショップなどの教育普及活動の事業支援。 ・勉強会の実施(2時間)
企画展示についてのレクチャー受講
所蔵作品についての研究発表
解説活動に必要な知識についてのレクチャー受講・研究発表
・新聞資料の整理

ページのトップへ