1. ホーム
  2. 美術館について
  3. 概要

美術館について

概要

基本理念

市民の生活に潤いと心の豊かさを創出し、地域とともに成長していく美術館

基本理念の柱

  1. i

    感じる、楽しむ
    市民がさまざまな時代の美術作品に気軽に触れて、多くのことを感じ、楽しみ学ぶことで、日常生活での潤いと心の豊かさを実感できる美術館

  2. ii

    交流する、育む
    市民が参画、交流する、人と文化を育む美術館

  3. iii

    発信する、貢献する
    美術作品の調査研究や、展覧会、ワークショップ等の美術館事業の成果を情報発信することにより、地域文化の振興に貢献する美術館

基本方針

  1. I

    開館以来の世界的美術作品を含む収蔵品の蓄積を踏まえ、質の高い優れた美術作品の収集を心がけながら、地方美術館として特色あるコレクションの形成を目指します。
    収集にあたっては時代背景、作家・作品の関係にも留意します。
    ・西日本出身の作家の作品を中心とした日本の近現代美術
    ・版画、素描
    ・海外の近現代美術

  2. II

    地域とともに成長していく美術館を目指します。

  3. i

    感じる、楽しむ
    ・市民が気軽に楽しめる美術作品や世界的な美術作品など、幅広い作品との出会いの場を提供します。 ・美術講座、講演会、ワークショップの実施及び鑑賞プログラムの提供などを通して、市民への教育普及活動の充実や学校教育との連携に努めます。 ・美術館と眺めのいい美術の森公園を一体に楽しむことができ、子どもから高齢者までの幅広い市民が集い、楽しむ場となる美術の丘をつくります。

  4. ii

    交流する、育む
    ・市民参画型の美術館を目指し、美術ボランティアや美術ジュニアボランティアなどを育成・支援し、美術館活動を協働して運営していきます。 ・高校生や大学生などの若い世代を中心に、美術館運営に参画する機会を提供することで、美術への関心を高め、将来の地域文化を担う人材を育成します。 ・市内はもとより、国内外の美術館や美術関係者、地域の作家や学校関係者等と交流・連携し、広がりや深まりのある地域文化を創造します。

  5. iii

    発信する、貢献する
    ・収蔵作品に関する調査研究を行い、その成果を情報発信し、美術や学術の振興に貢献します。 ・各種の講座、講演会、ワークショップの記録や成果を、ホームページ等で情報発信し、市民の美術に関する興味・関心を高めます。 ・鑑賞教室について、見る人の発見を大切にし、見方や感じ方を広げる鑑賞方法についての調査研究を行い、それを基にした展示を工夫します。

ページのトップへ

美術館の概要

本館・アネックス

写真:本館遠景

当館は、昭和49年(1974)西日本における公立美術館の先駆けとして設立されました。百万市民を抱える北九州市にふさわしい美術館として、豊富な収蔵品を常時展示すると同時に優れた企画展を開催することにより、市民に美術鑑賞の場を提供し、創作活動に対して支援するということを基本方針としてスタートしました。

また開館と同時に、全国で初のボランティア制度を導入し、来館者に対する作品解説や教育普及活動を推進していることでも知られています。現在ボランティアは一般から募集し、数年の養成期間を経た約80人が交代で毎日活躍しています。

建築の設計者は大分出身の著名な建築家、磯崎新氏です。本館はグリッドを基調にしたデザインで、ファサードから二本の筒が飛び出し、左右に比翼が伸びたユニークな形をしています。
展示室は企画展示室、常設展示室と分かれ、特に常設展示室はコーナーを5つに分け特徴ある展示を心がけています。

昭和62年(1987)には地元作家の発表の場を設ける意図で別館(アネックス)を増築し、1階の市民ギャラリーを発表の場として提供しています。また、3階には常設的に少しでも多くの種類の版画や素描などの小作品を紹介したいということから、専用の展示スペースを設けテーマを決めて常時、小展覧会を開催しています。
ロケーションとしては小倉、戸畑、八幡の三区にまたがる丘の上にあり、臨海工業地帯と市街を見下ろす場所にあります。緑豊かな敷地総面積は10万平方メートルと広大なもので、市民の散歩やジョギング・コースとして親しまれています。

本館・アネックスのサイトへ

分館

写真:リバーウォーク

北九州市戸畑区に広大な敷地を持つ北九州市立美術館の分館として、平成15年(2003)、紫川の畔、小倉城に隣接するリバーウォーク北九州の4・5Fに開設されました。アートをより身近に感じられる都市型ギャラリーでは、多彩なジャンルの企画展を開催しています。

分館のサイトへ

ページのトップへ

施設の概要

本館・アネックス

総敷地面積 113,000
建物概要 本館 地上4階、地下2階、アネックス 地上3階
建築面積 本館 4,031、アネックス 1,423
総床面積 本館 7,864、アネックス 2,800
展示室 本館(常設展示室・2室)1,152、(企画展示室・2室)1,030
アネックス(市民ギャラリー)473、(版画展示室)306
収蔵室 本館 634、アネックス 453

※単位は(平方メートル)

分館

施設面積 1,657
展示室 A(5階)451、B(4階)315

※単位は(平方メートル)

ページのトップへ