展覧会・イベント

街道や宿場が整備された江戸時代後期、庶民の間で日帰りの行楽も含めた旅行への関心が高まり、浮世絵界に「名所絵」というジャンルが定着します。名所絵には人気観光スポットの景観や各地の名物が描かれ、当時の人々がどのような旅をし、どのような旅に憧れていたのかが見えてきます。また、名所絵には御殿山の花見、隅田川の花火大会など季節ごとのイベントや、多くの人が集まる芝居小屋や吉原など日々の楽しみも描かれ、江戸時代の文化や習俗、流行も現在に伝えてくれます。

本展では、当館の約1300点にのぼる浮世絵コレクションから、葛飾北斎、歌川広重、歌川貞秀、長谷川貞信、小林清親らの名所絵を展示し、江戸時代の名所や旅の様相を紹介します。そのほか、ピエール=オーギュスト・ルノワール、クロード・モネらの名品も併せて展示。さらに、北九州市出身で“『新青年』の画家”として名高い松野一夫の晩年の仕事も紹介します。

会期

前期:2023年1月14日(土)~ 3月5日(日)

後期:2023年3月18日(土)~ 5月7日(日)

会場
北九州市立美術館 本館 コレクション展示室
休館日
月曜日
  • ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館
    開館情報
    9:30~17:30(入館は17:00まで)
    観覧料
    一 般 300(240)円
    高大生 200(160)円
    小中生 100( 80)円
    • ( )内は20名以上の団体料金。
    • 北九州市、下関市、福岡市、熊本市、鹿児島市にお住まいで、65歳以上の方は公的機関が発行した証明書を提示で観覧料90円。
    • 障害者手帳を提示の方は無料。
    イベント
    学芸員によるギャラリートーク
    日時:第3日曜日14:00より(30分程度)
    場所:展覧会場内
    • 申し込み不要、ただし本展観覧料が必要です。
    出品作品リスト(※1月18日修正分) 
    コレクション展Ⅲ-出品リスト(1月18日修正分)
    ※1.18 作品No,35 制作年を修正しました
    (修正前)1840-44年 (修正後)1841-42年